読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパさん.com

新米パパによる新米パパ&未来のパパのための育児・子育てブログ

赤ちゃんが誤飲してしまった時は大きな声で呼びかけてはいけない

赤ちゃん けが 育児

スポンサーリンク

f:id:garagecarcat:20131025001648j:plain

先日8ヶ月の我が子が、大きな糸くずの固まりを飲み込んでしまったか!?という出来事がありました。

後で捨てようと思いテーブルの上に置いておいたのですが、無い!まさか食べちゃったか!?

と思ったのですが、結局その糸くずは何故そんな所に、という場所に落ちていて一安心でした。

注意はしているつもりでしたがこのようなことがあり、これを機会に赤ちゃんの誤飲について調べてみました。

赤ちゃんの誤飲

まず第一に注意しなければならないのは、トイレットペーパーの芯を通る物は赤ちゃんは口の中に入れて飲み込む危険性がある、ということ。

参考サイトはこちら

以外と大きいですね。それくらいの物は部屋中にありますよね。小銭やペットボトルの蓋などは赤ちゃんの手の届くテーブルの上などには置かないようにしましょう。

携帯のストラップなども紐が切れてしまった場合は大変危険かと思います。またティシュペーパーも赤ちゃんがイタズラするので手の届かない高い位置に起きましょう。

しかしながら色々注意をしても予想外の行動をするのが赤ちゃんです。万が一飲み込んでしまった時の対処法を調べていて一つこれは肝に銘じておこう、というのがありました。

それは、
  • 赤ちゃんが食べ物以外のものを口に含んだ時に、「ダメ!!」「何食べてるの!」などと大きな声を出して呼びかけると、赤ちゃんが驚いて口の中のものを気管に吸い込んでしまう危険性がある。
ということです。

なるほどこれは知らなかったら大きな声で言ってしまっていただろうな、と思いました。

大人でも食事中などに驚かされたら食べ物を喉に詰まらせてしまう場合もありますしね。

いくら注意してもこれから色々なものを口に入れていくでしょうが、あまり大きな声を出してびっくりさせないように気をつけたいと思います。

飲み込んでしまった時の対処法などはこちらのサイトに詳しく書いてあります。

また、こちらのサイトには誤飲した物別の応急処置法、水を飲ませて吐かせるもの、吐かせてはいけないもの、危険なもの安全なものなどが表になっています。
危険なもの
安全なもの