読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパさん.com

新米パパによる新米パパ&未来のパパのための育児・子育てブログ

赤ちゃんに歯が生えてきた!虫歯にならない為には?

食事 育児 病気 赤ちゃん

スポンサーリンク

f:id:garagecarcat:20130828233421j:plain

赤ちゃんは生後6ヶ月頃から歯が生えはじめます。下の2本から生えはじめる子が多いようですが、生える歯の時期は遅かったり早かったり、また生え始める箇所もまちまちなので、6ヶ月を過ぎてもなかなか生えてこないといっても特に気にしないでいいそうです。

それよりも親として注意したいのは『決して口移しで食べ物を与えない!決して自分のスプーンや箸で食べ物を与えない!』これです。

ご存知の方も多いかと思いますが虫歯の原因になるミュータンス菌は生まれてきた時はまだ赤ちゃんの口の中には存在しません。パパやママの口の中の菌が子供に移り虫歯になってしまうのです。


パパママのミュータンス菌が口移しや同じスプーンを使用したりすることにより赤ちゃんに移ってしまうわけですね。

パパママがいくら注意してもおじいちゃんおばあちゃんが「かわいいねー、これあげようかねー。」と言って自分の箸で食べ物を与えてしまっては意味がありません。しっかり周りの皆さんにも協力してもらう必要があります。

虫歯を予防するには、離乳食を始めた時から『決して口移しはしない。決して自分のスプーンや箸で食べ物を与えない。』ということを周囲にも理解していただけるよう努力する必要があるのかなと思います。