読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パパさん.com

新米パパによる新米パパ&未来のパパのための育児・子育てブログ

赤ちゃんにスプーンで離乳食をあげる時のポイント


スポンサーリンク

新米パパさん、赤ちゃんに離乳食あげたことあります?全部ママまかせではないですか?もしまだ未経験でしたら是非自ら離乳食を与えてみましょう。

f:id:garagecarcat:20140624203140j:plain

さて、赤ちゃんに離乳食をあげる時、または1歳くらいの幼児に食事を与える時にはひとつポイントがあります。

それは、

スプーンを赤ちゃんの口の中に入れるのではなく、スプーンを赤ちゃんの口元で一度止めて赤ちゃん自ら顔を前に出して赤ちゃん自らパクッと食べるようにさせる。」

ということです。

私は初めて離乳食をあげた時、そんなことは知らずにスプーンを我が子の口の中に押し込んでしまいました。

これじゃダメなんですね。

何故かと言うと、食べものが口の中に入るまで全部親がやってしまうと、赤ちゃんは「食べ物は口を開けて待っていれば自然にもらえるもの」と思ってしまうからだそうです。

「食べ物は自ら行動して食べるもの」と赤ちゃんには学習させる必要があるとのこと。なーるほどーですねー。

なので赤ちゃんが離乳食を手掴みで食べようとした時、汚れるからとやめさせてはいけません。自らが食べようとする本能を大人の勝手な「服が汚れる」という理由で妨げてはいけないのです。

という内容の話を先輩ママから聞き、「育児は深いなー」と思いました。

まあ、納豆を手掴みで服やら髪の毛やらをわしゃわしゃ触られた時は私も「わー!やめてくれー!」ってなりましたけどね(笑)。

まー、そんな時は笑い話のネタが増えたと思って我が子の食べようという本能にちょっと遊びがプラスされたくらいに思いましょう。

服を汚してはいけない、というしつけはもっと成長してからでいいはずですので。